緊急事態宣言発令で、忙しくなったお母さんが玄米食を始めるべき3つの理由

目安時間:約 13分

全国に非常事態宣言が出ることになりました。休校や在宅勤務を余儀なくされると忙しくなるのがお母さんです。

今までプロにお願いできていた保育や教育を、一人で背負わなければならなくなり、朝食、昼食、夕食の準備に追われ、空いた時間にリモートワーク…。

仕方ないこととはいえ、今まで経験したことの無いストレスに参っている人もいるのでは。

そんな忙しいお母さんに提案したいのが玄米食です。

え?玄米?炊くのに時間がかかって大変になるだけでしょ?

ハイ(^^;確かに炊くのは手間がかかります。でも玄米のメリットを知るとその手間が惜しくなくなるかも!(^^)!

そのメリットとはズバリ、玄米食はトータルで見ると時短だということ。

玄米食は時短になる

なぜ玄米を食べることが時短になるのでしょう?その理由は3つあります。

病院に行かなくてよくなるから時短になる

玄米を食べると病院と縁遠くなります。

栄養価が高く代謝をよくするから

人間の体は、 人間が必要とする三大栄養素が十分にあっても、それを代謝する副栄養素がないと代謝不全になってしまいます。

冷えやすい、疲れやすい、体がだるい、風邪をひきやすい、便秘、肌荒れ、アレルギー、太りやすいなどの症状がある人は代謝がうまく働いていない可能性が高いかも。

そのままにしておくと肥満・糖尿病などの代謝異常の病気になりやすくなります。

この副栄養素・ビタミン、ミネラル類は、穀類の皮の部分に多くふくまれているので、白米や白いパンなどを主食にしていると、どうしても不足してしまうのです。

おかずで上手に補えている人は大丈夫なのですが、補えないと、上記のような症状でなんとなくいつも調子が悪く、病院に入り浸り…ということに。

その点、玄米は皮がついているので、エネルギーの元の炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質の三大栄養素だけではなく、それを代謝するためのビタミン・ミネラル類や酵素もとることができるのです。

白米と比較すると一目瞭然。

この完全栄養食玄米を食べていれば、いつも元気で病院に行くこともぐっと減ります。


腸内細菌を整えて免疫力をアップするから

玄米は食物繊維と難消化性デンプン「レジスタントスターチ」が多く含まれています。大腸の中では善玉菌と悪玉菌が常に覇権争いを繰り広げていますが、この二つは善玉菌を助けてくれます。

善玉菌が発酵してできるのが探査脂肪酸群。これが腸内を酸性にして、外部からのウイルスや細菌が生息しにくい環境を作り、免疫力を高めてくれるのです。

感染症にかかりにくくなるので、病院に行く機会も減りますね。

一汁一菜で調理時間を短縮

このように栄養がたっぷり詰まった玄米を主食にすれば、おかず1品と味噌汁の一汁一菜で十分にバランスがとれた献立になります。

ハレの食事・ケの食事=一汁一菜

日本には伝統的に、ハレの日とケの日というものがあります。

ハレの日は、結婚式やお祭りなどのイベントの日。ケの日というのはイベント以外の普通の日です。

ケの日にはごはんと味噌汁に少しのおかずという粗食にして、ハレの日は思い切りめかし込んでごちそうを食べるということを、日本人は何世紀もしてきました。

日本は豊かになり、昔なら貴重で高価だった肉や魚、お菓子などが、格安で毎日のように食べられるようになりました。

でも、肥満や不調に悩む人も多くなり、行き過ぎた消費と生産の歪みも表面化してきて、持続可能な開発目標SDGsということも言われるようになり、

少し前のハレとケのような食生活が、現代の飽食の時代に見直されています。

健康でハレの日を楽しむために、日常食は質素にするというわけです。

そんなケの食事が玄米を主食にした一汁一菜です。

昔の人が一汁一菜で健康でいられたのは、玄米や雑穀を主食にしていたからで、それこそ白米はハレの食事だったと言われています。

いくら格安とはいえ、一日三食、本やインスタに出てくるようなごちそうを作るのは時間も手間もかかります。日常食はケの食事として割り切り、一汁一菜にすれば時間も手間も短縮できるのです。

ケの食事は体が整う

玄米を主食にすると、食欲が抑えられ体が必要とするものだけを欲するようになるので、自然に食が整ってきます。一汁一菜でもじゅうぶん満足できるようになります。

現代人は、食べ過ぎることで脂肪や糖分を摂りすぎている人がすごく多いので、これで体が整ってきます。

玄米の食を整える力はマウスを使った実験で実証されています。
コチラの記事に詳しく書いてあります⇓⇓

毎日の献立に悩む時間を短縮できる。

食事の準備の時間が減る

主婦の仕事で、意外と頭を悩ませ時間をとっているのが、「今夜何を作ろうか」問題。特に家族の健康を守ろう!とがんばっているお母さんほど、できるだけ多くの栄養を取り入れようとメニュー作りに悩んでいるのでは。

でも玄米が主食の一汁一菜なら十分栄養がとれるので、味噌汁とおかずは一品で大丈夫。煮豆やひじきなどの作り置きおかずでも十分なので、献立作りにかけていた時間を短縮できます。

おかずが減るということは、買い物や調理の時間も減るということ。それに付随した時間も短縮できます。

空いた時間で余裕が生まれる

献立作り、買い物・調理時間の短縮で、人によっては一日2時間くらいは余裕ができるのではないでしょうか。

一日2時間あれば、何ができるでしょう??ワクワクしますね!

時間に余裕があるとそれだけで体がゆるみ、リラックスできて、楽しく過ごせます。

私の場合は時間的な余裕プラス、朝昼晩きちんとしたご飯を作らなきゃという観念から解放されて、適当ななおかずでもいいやと心に余裕ができることがうれしいですね。

母の教えや自然食業界の常識が身に染みていて、きちんとしたご飯を作らなきゃという思いが強いので…(^^;

玄米を炊いて保温ジャーに入れっぱなしの発酵玄米ならもっと楽ちんですよ!

発酵玄米の記事はコチラから⇓⇓

まとめ

忙しいお母さんが玄米食を始めたほうがいいのは、玄米にすると時短できるから。

その3つの理由は

・免疫力が上がり病気にかかりにくくなるため、病院に行く時間を短縮。
・一汁一菜で調理時間を短縮。
・毎日の献立に悩む時間を短縮できる。

です。

もちろん、玄米を炊く手間はかかりますが、時間の余裕と健康を手に入れたい方はかける価値があるかもしれません。


玄米を炊いてみたくなった方はコチラの記事をどうぞ⇓



☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘
動物性食品や砂糖を使わなくても美味しく作れるゆる~いマクロビ教室。

アレルギーの方、ダイエットしたい方、野菜が好きな方、私に会いたい方!

ぜひ気軽に参加してね!(^^)!

☘☘マクロビライフ☘☘

マクロビオテイックは単なる食事法じゃない(^^♪料理を通じてワクワクする生き方を見つけよう♪

開催日時 毎月第4水曜日 AM10:00~14:00 

場所   自然食品店富士グリーン2F

     富士宮市北町4-14

会費     3000円

☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘

農業塾始めました
のこのこ塾

富士宮で農業法人を経営し、農家をなりたい職業ナンバー1にしたい塾長と、畑仕事が大好きで農家カフェをやりたい主婦、マクロビ料理家の私の3人でやっています。

野菜のおいしさの秘密を知るために、栽培方法を学び、実際に作り、収穫して調理します。野菜作りを体系的に学ぶことで視点が変わります!  食と農で何かおもしろいことをやりたい人と、楽しみながら学びましょう!  


料金(税別) 
基礎コース   月1回  3000円

プロコース    月2回  6000円

日時    
基礎コース  毎月第3金曜日        18:30~21:00
プロコース  毎月第3金曜日+毎月第4金曜日 18:30~21:00

場所    
基礎・プロ  富士宮市総合福祉会館 会議室

▶▶︎▶︎▶▶︎▶︎▶▶︎▶︎▶
ユーチューブ始めました。
脱力系マクロビチャンネル

簡単絶品玄米の炊き方、簡単で映える料理など、ゆるゆるなマクロビ料理を作っています。よかったらのぞいてみてね!


☘☘☘☘☘☘☘☘☘☘
農業系ポッドキャスト始めました。
農道223号
静岡県富士宮市の農業関係3人と、料理人1人でお送りする農業系Podcast! 「牧場と畑とキッチンを繋ぐ」をテーマに、生産者と消費者を、美味しいという幸せで繋ぐことを目的にしています。 地域の農業関係者を招いて、語らいながら、自分たちのやりたいことや、ゲストのやりたいことの実現力を高めたいという思いで活動しています!

iPhoneから送信

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

 

管理人:やっちゃん@平戸育子

ゆるベジ料理スペシャリスト

厳格なマクロビアンの家庭で育ち過食症に。克服した経験と、自然食品店勤務20年の経験を元に、簡単に作れて、美しく、食べておいしいゆる~いマクロビオティック料理の教室を主宰しています。/リマクッキング富士宮校講師歴10年/映画と読書とお酒が大好き/10代後半の子供二人と、単身赴任中で週末だけ帰ってくる夫と静岡県富士宮市に住んでいます。/自分の体を信じることで自然に健康になっちゃう考え方やレシピを配信しています。

もっと詳しく見る //

カテゴリー

ページの先頭へ