かわいい猫をいじめたくなってしまう時にやればいい2つのこと

目安時間:約 4分

こんにちは。とびらです。

 

このところ猫ブームがきています。ペットの飼育数は犬の頭数を超えたとニュースでやっていました。そんなムードの中で言いにくいけど、かわいさとイライラの両方を感じてモヤモヤしている人いませんか?猫をいじめたいと思っている人いませんか?

 

猫にイラついてもいい

猫を飼っています。娘が子猫の時に拾ってきて一年半ほどです。おとなしい時はかわいいんですが、メシをくれだの、外に出せだとか、ニャンニャンうるさいんですよ。要求が通るまでずっと泣き続けるんです。あきらめないんだな。ちょっとイラっとしちゃうんです。

 

わがまま言って私の邪魔すんなよと。それだけじゃなく、おまえの要求通りにさせないぞって意地悪したり。心がもやもやしていました。そんなことをしている自分がいやだけどなぜかやっちゃう。

 

私の場合、イラついている自分がいやだという部分がポイントで、こんなことでイラつく自分はダメだと責めていたみたい。どんなわがままにもイライラしない聖人君主のようなスバラシイ人間でいようとしてたみたいです。

 

1自分を責めない

相手の都合を考えず自分の要求ばかりしてくるネコに、自分の邪魔をされていると感じる時もあれば、かわいいと思う時もある。邪魔されてるって感じてもいいことにすればいいのです。かわいいと思うのはOK、邪魔されてるって思うのはOKじゃないって厳しい自分が勝手に決めているだけなのです。

 

意地悪したいと思ってる自分は悪いと思っていませんか?意地悪なんて良くない、いい人間なら絶対しないと思っているなら、いい人間をやめればいいんです。「自分は猫をいじめたいと思っている人間だ。がんばっているけどどうしてもいじめたくなっちゃうんだよね。まあそれでもいいさ、人間だもの。」とだめな自分にOKを出してみましょう。

 

Okを出せばいじめる理由はなくなります。いじめたいと思っている人はものすごく自分をいじめている人です。たどり着けないほど崇高な理想の自分をかかげて、そうなれない自分を責め続けているのです。理想は捨てちゃいましょう。すごおく楽ですよ。

 

ポイントはいい人間とか悪い人間とかジャッジするのをやめちゃうこと。いいも悪いもない、私は私と開き直っちゃえ!

 

 

2わがままな自分にOKを出す

そうは言っても、人間は自分が満たされていないとイラついてしまうもの。自分の機嫌をとることが実はとても大事です。わがままな猫にイラつく時は、自分のわがままは通らないのにと思っているからということも多いのです。

 

そんなときの解決法も簡単です。

 

自分の要求を主張してもいいことにしましょう。わがままになってもいいと決めてしまうのです。実はこの地球上の生物はすべてやりたいことをやってもいいんです。むしろやらないと損失になるんです。世界はやりたいという思いから湧き出るエネルギーで動いているからです。

 

わがままな自分にOKを出すとわがままな猫にイラつかなくなります。もううらやましくないからです。

 

まとめ

モヤモヤって自分の在り方を問い直すために現れるものです。猫のことでモヤモヤしているなら、それは自分を見つめなおすきっかけをもらったってこと。

 

自分が満たされているのか、責めすぎていないか、わがままで悪い人間は許されないと思っていないか、自分に問いかけてみてください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

 

管理人:やっちゃん@平戸育子

ゆるベジ料理スペシャリスト

厳格なマクロビアンの家庭で育ち過食症に。克服した経験と、自然食品店勤務20年の経験を元に、簡単に作れて、美しく、食べておいしいゆる~いマクロビオティック料理の教室を主宰しています。/リマクッキング富士宮校講師歴10年/映画と読書とお酒が大好き/10代後半の子供二人と、単身赴任中で週末だけ帰ってくる夫と静岡県富士宮市に住んでいます。/自分の体を信じることで自然に健康になっちゃう考え方やレシピを配信しています。

もっと詳しく見る //

カテゴリー

ページの先頭へ